• ファイルメーカーでクラウド化を考えよう

    • インターネット環境が発達してから、ビジネスの現場ではパソコンやタブレットを使って情報管理することが増えました。パソコンが普及した頃はExcelソフトやWordソフトの活用が多く見られましたが、現在ではファイルメーカーと呼ばれるソフトも注目されています。

      今までに培ったノウハウを活かし、ファイルメーカーについて詳しく説明しています。

      ファイルメーカーは情報を管理しておくファイルを作成したり、情報をカード型のデータとして作成することができます。



      現実にある物で簡単に例えると、収納ファイルに書類を閉じる行為を想像すると分かりやすいです。
      1つずつデータを閲覧することが出来ますし、現実と違ってデータなので検索機能で目的のデータを見つけることもできます。
      ファイルメーカーはクラウド化してデータを複数のユーザーで共有することができます。

      クラウド化とは、データを置く場所を仮想サーバー上にすることで、複数のユーザーがアクセスして情報を引き出したり更新したりできることを言います。
      本来データはパソコンなどの端末やUSBメモリなどに保存されており、共有しようとするとデータの転送や複製などが必要になります。


      クラウド化するとそういった面倒な手間を省くことができます。
      遠方に居る人と共同作業するといったことも可能になり、仕事の仕方にも大きな影響を与えます。
      クラウド化にはデータを置いておく仮想サーバーを用意する必要があります。


      仮想サーバーは自社で用意するのも良いですが、ネット上でレンタルすることもできます。

      レンタルサーバーの料金は取り扱う容量やサービスなどによって異なります。
      最初の内は少ない容量で挑戦して、後から容量を増やしていくのが理想的だと考えられます。



  • ITの予備知識

    • ファイルメーカーとは何か

      ファイルメーカーとは、一口に言ってしまえば、「データベースを扱うソフト」です。それだけですと、他にもいろいろありますが、その中でも、GUIで、データベースへの出入力部分を設定したり、データベースの操作を行えるもののひとつがファイルメーカーです。...

  • ITの情報まとめ

    • ファイルメーカーで上手に情報管理

      データベースのソフトウェアと言うと個人には少々ハードルの高いようなものに感じられる場合が少なくありません。Microsoftの一般的なソフトウェアであるオフィスの中にもデータベースのソフトウェアはありますが、アクセスと聞いてピンと来る人はそれほど多くないのではないでしょうか。...

  • IT関係の情報・ためになるIT

    • 自由なデザインがファイルメーカーの魅力

      個人でも利用できるデータベース系のソフトはたくさんありますが、入力した情報を活用した様々なごとに活用できるソフトウェアとしてファイルメーカーは非常に人気が高いものです。操作性に優れており様々なものを簡単に作ることができる仕組みが人気の秘密になっています。...

    • ファイルメーカーの活用方法

      データ管理をする時にExcelを利用する人は多いです。Excelの知名度は高く、ビジネスでは必須とも言える業務だと言えます。...